私は以前ノートパソコンを売りに出した経験があるのでその時の実体験を書かせていただきます。私が以前所有していたノートパソコンはSONYのVAIO VGN-G2ABPSでした。長年愛用していたのですが新しいパソコンと買い換えるために処分する決断をしました。

まずは処分するためにする事は当然の事ながら1円でも高く売るための努力をする事です。まず店舗によって買い取り価格が違うので方法は二通り、ネットで自分の売却したいPCの型番、年式を調べおおよその売却価格を調べる。もしくは自分で売りたい商品を買い取り店に直接持ち込み査定をしてもらうかのどちらかです。

ここで気を付けなくてはいけないのは、ネットによる買い取り価格はあくまで保存状態が良好での取り引き価格という事です。自分では大切に使用していたつもりでも実際には細かな傷等もついている事はありますし、それだけでも買い取り価格に影響します。

ですからやはり自分の足で直接商品を持ち込み買い取り査定をしてもらうのが1番安全かつ確実です。私は自分のノートパソコンを売る時に10店舗ほどはしごをして査定をしてもらいました。実際に10店舗の査定額を比較した結果、最低の金額と最高の金額の差額で5000円以上違いました。

そして稼働品のPCを売る場合に1番気を付けなくてはいけないのはタバコ等の臭いです。この記事を読んでいる方の中には喫煙をされている方もいらっしゃるかと思いますが、タバコの臭いは1番パソコンの売値に影響します。お店側の意見として買取りをしたパソコンを中古の商品として再度売る時にタバコの臭いがついているだけで商品価値が半減するので、買取りの金額も数万円単位で違ってきます。

私は喫煙はしていなかったので20万円で買ったパソコンを8万円程で買い取ってもらいましたがもし喫煙していたら5万円程の額になっていました。ですからもし処分を検討されている方で喫煙されている方は査定に出す前にまずご自分でタバコの臭いを取れる範囲で取るべきです。

ここまでの説明で参考になったかはわかりませんが、少しでも高い金額で商品を売りたいと考えている方は多少大変でも一店舗でも多く回り査定額を比べることをお勧めします。