パソコン廃棄の際のハードディスクの削除自体は、それほど手間ではありませんし難しいことではありません。ただ、パソコンが起動しないなどのトラブルがあるうえに分解してハードディスクを取り出すといった作業がまるでやり方がわからない、あるいはそんな暇がないという人の場合はパソコン処分と同時にデータ削除も依頼するといいでしょう。

■廃棄と同時にデータ削除依頼
メーカや、廃棄、処分会社によってはパソコンの中のハードディスクのデータ削除処理も同時に請け負ってくれるところもあります。ただ、原則としてデータ削除というのは自己責任で行うものではありますので、対応してくれないところもあります。

また、基本的には追加料金で有料サービスになっているところが多いので料金は上乗せされると思っておいたほうがいいでしょう。

■メーカーでのデータ処理について
あくまで、こちらは有料サービスにはなりますが他人に任せるという以上はどうしても安全上のリスクは不可避だと言っていいでしょう。しかし、その際にはデータの削除証明書発行をお願いすることができます。これがあれば、何らかのトラブルがあった際にはそのデータ削除をになった側に責任を問うことができますので、必ず発行してもらうようにしましょう。

■まとめ
基本的には、回収業者なども有料サービスでデータ削除をすればとくに問題はありませんが万が一、ということもあります。なので、パソコンが起動ができない際は少し時間を作ってでも自分でハードディスクを一度取り出して物理的に破壊するなど、確実にデータが取れないようにするのが一番安全です。

ただ、自分の個人情報などが何も入っていないパソコンであればそれほど問題ではないです。